育毛剤

育毛剤の歴史を探る

薄毛は昔から男性を悩ませていたようです。
なぜならば、髪の毛は身分をあらわすために必要なものだったからです。

 

武士は公の場では髷を結わなければならず、
髪が少なくなって結えなくなった者は引退を意味していたのです。
一部の武士はカツラの使用を願い出ていたようです。
また、海外ではルイ13世がハゲ頭であったことを隠すためカツラを着用し、
仕える者たちが気を使ってカツラをかぶり、それが宮廷で定着していったと言われています。

 

このように、世界の歴史を見てもハゲであることは
恥ずかしく不名誉なことだという意識を持っていたことが伺えます。

 

清の時代の中国では、頭を剃り上げることを義務付けていました。
それは剃髪することにより漢族が満州族に服従するための証拠となったのです。
仏教の僧侶は頭を剃っていますが、これは髪を剃ることで愚かさを絶つことを意味しています。
修行のために煩悩である髪をそり落とすことで、
「髪」ではなく「神」への服従をあらわしているのかもしれません。

 

育毛剤の歴史は室町時代にまで遡ります。
それは頭に直接塗るものでした。
髪に良いとされる植物を使って作られました。
血行を促進させたり、肌の艶を良くしたりという効果を期待していたようです。

 

当時の育毛剤はどれくらいの効能があったのでしょうか。
現代の発毛技術があれば薄毛の進行を抑えることが出来たに違いありません。
まだまだ解明されていないこともありますが、
薄毛に悩む人たちのためにこれからも研究と開発はすすんでいくでしょう。

育毛剤の価格と効果

育毛剤の購入を考えている人が重視するのはまずその効能ですね。
実際に育毛剤を使用している人が、
どれくらいの発毛を実感できたのかによって購入するか、
見送るかを判断することになると思います。

 

気に入った育毛剤があまりにも高価であると購入をためらう人も多いようです。
継続して使用することの多い育毛剤は、
使う人にとっての経済的負担も考慮していかなければなりません。
一般的に、効果な育毛剤のほうが髪に有効な成分がふんだんに含まれていますから、
大きな効果が期待できるでしょう。
反対に、あまりにも価格の安い育毛剤は効果が薄いように感じられます。

 

しかし、口コミサイトを参考にすると、
価格の高いものやお手軽な育毛剤もそれなりに効果を実感できている人はいます。
「高い育毛剤だから必ず効果が出ます。」とも断言できないし、
「安いから役に立たない。」とは言い切れないのです。

 

お手軽な価格の育毛剤の中から、人気のあるものを紹介しましょう。
資生堂「アデノバイタル スカルプエッセンス」・・・3,290円
薬効成分アデノシンが配合されています。
2〜3ヶ月使用できるのでかなりお買い得です。

 

「カークランド ミノキシジル5%泡フォーム」・・・1,980円
ミノキシジルが含まれているにもかかわらず、このお値段はすごいです。
泡状タイプが液だれを防ぎ使いやすいと評判です。

 

少々お値段は張りますが、
育毛のためにヘアケアを考えているなら自宅で出来るヘッドスパがおすすめです。
サロンに通うよりずっと節約になるでしょう。
パナソニックの「頭皮エステ」・・・12,900円
これはコンパクトで使いやすく、頭皮の汚れ落ちと爽快感に病みつきになるようです。
サロンでヘッドスパを体験しているかのような心地よさを実感できます。